太陽光発電を中心に施工写真を掲載しています。太陽光発電は地域に密着しアフター万全の当店にお任せ下さい!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名張市でパナソニック HIT太陽光発電システムの取り付け工事をさせていただきました。

HIT230W × 15枚 = 3.45kw
国からの補助金(3.45kw × 48,000円 = 165,600円


P1000445-1.jpg


今年最後の工事となります。

こちらのお客様は、当店でオール電化工事を以前にさせていただいており電灯契約はEライフプランになっています。昼間の少し割高な時間帯は自家発電をされ経済的に優しくなるようご提案をさせていただきました。



それでは施工の様子です。


安全対策として足場を組みます。


P1000281-1.jpg


大きいほうの屋根に12枚、小さいほうの屋根に3枚のせます。

P1000271-1.jpg
P1000272-1.jpg


瓦をめくり補強版、アンカー金具を取り付けます。
瓦をもどしプライマー塗布、コーキングで防水処理を行います。


P1000273-1.jpg


フレームを取り付けパネルを順にのせていきます。

P1000278-1.jpg
P1000422-2.jpg


太陽が西に沈んでいくと大きいほうの屋根が小さいほうの屋根のパネルに影をつくってしまい
発電の妨げにならないように小さいほうの屋根のパネルはできるだけはなして取り付けます。



接続箱を取り付けパネルからの各ケーブルはパイプにいれます。
パワーコンディショナ、連係ブレーカ、電力検出ユニットを取り付けて完成です。


P1000419-1.jpg
P1000448-1.jpg

完成時、雲の多い日でしたが0.6kw発電していました。

昼間の電気をできるだけ節約し、たくさん発電&売電してください!!

また1つ、我が街に『小さな発電所』が完成しました!!


まとばでんきは『小さな発電所』を応援します!!

当店に太陽光発電システム工事をご依頼いただきましてありがとうございました。
名張市でパナソニック HIT太陽光発電システムの取り付け工事をさせていただきました。

HIT230W × 16枚 = 3.68kwです。


こちらのお客様は、当店にお立ち寄りいただいた際にディスプレイしてある太陽光システムをご覧になられ
『次はこれやな~!!』とお話を進めさせていただき、シミュレーション、そしてご成約いただきました。

以前に当店にてオール電化&キッチンリフォームをしていただいたお客様です。
いつもありがとうございます。

P1030237-1.jpg
P1030235-1.jpg
P1030236-1.jpg

寄せ棟ですが複雑な形の屋根で、東面・南面・西面とのせさせていただきました。

お隣の空き地がお客様の駐車場ということで広々とスムーズに作業が進みました。

足場の様子です。


P1030239-1.jpg


パネルからの各ケーブルはパイプに入れ接続箱にまとめます。
接続箱では各系統にそれぞれブレーカーがついています。
前面パネルを開けた写真です。

P1030232-1.jpg


洗面所の分電盤の隣にパワーコンディショナと連係ブレーカを取り付けます。
こちらでパネルで発電した電気(直流)を交流に変換してお家で使えるようになります。
前面パネルを外した写真です。
P1030238-1.jpg

たくさん発電して、たくさん売電してください。

また1つ、我が街に『小さな発電所』が完成しました!!


まとばでんきは『小さな発電所』を応援します!!
当店に太陽光発電システム工事をご依頼いただきましてありがとうございました


久々の更新になります。
年明け早々よりたくさんのご用命をいただきまして忙しくさせていただいております。
誠にありがとうございます。

よって記事が簡略されておりますがご了承下さい。


名張市でキッチンリフォームをさせていただきました。
キッチンは
パナソニックキッチン リビングステーションです。


こちらのお客様は、キッチンの換気扇のお取替でご来店いただきましたが
お話をさせていただいているうちに

「ほんとはキッチンもリフォームしたいんやけど…」ということでお話をすすめさせていただきました。
ありがとうございます。

お客様のご要望でコンロはガスコンロにさせていただきました。
それではビフォーアフターをどうぞ。



こちらが今までお使いのキッチンです。
I様邸 旧キッチン



リフォーム後のキッチンです。
I様邸 新キッチン


収納場所が増えてキッチン上がスッキリ。お客様にもお喜びいただけました。


当店にキッチンリフォームをご依頼いただき
ありがとうございました。
まとばでんき  電話 0595(65)1133
          メール act15@nava21.ne.jp
名張市でパナソニック エコキュート フルオートタイプ460Lの取り付け工事をさせていただきました。


こちらのお客様は、年明けから20年近くお使いの電気温水器の調子が悪く、お湯がでなくなってしまいました。
お風呂はガス釜がついており追い炊きで毎日入浴されていたようです。

早速お問い合わせいただき、エコキュートの良さを説明させていただきご成約いただきました。
ありがとうございます。

お湯はりに手間がかかっていることから当店も早速工事の手配をさせていただきました。


それではビフォーアフターをどうぞ。



長い間、頑張って働いてくれた電気温水器です。
S様邸 電温



電気温水器を撤去し、給水管、お湯配管の下準備をし、エコキュート本体を据えます。
S様邸 エコ



ちょうどエコキュート本体の裏側がキッチンだったのでリモコンを取り付けます。
S様邸 台所リモコン S様邸 リモコン配線



ヒートポンプユニットとをつなぐ配管はスリムダクトにおさめます。
S様邸 配管



完成です。
S様邸 エコ完成 S様邸 ヒーポン



今回取り付けさせていただいたエコキュートは、フルオートなので風呂配管を接続すれば自動お湯はり
できるのですが、現在ガスの風呂釜がついているのでそれが使える間は使うとゆうことになりました。
またその際には風呂接続させていただく予定です。


電気温水器からエコキュートにかえるだけで電気温水器の基本料金分がいらなくなり、ランニングコストも約1/3に削減されます。また、電気の契約がEライフプランに変更されますので従来の電気料金よりも安くなります。
同じ電気でお湯をつくっていても電気温水器とエコキュートとではグンっと差がでてきますね。


早くに工事させていただきお客様にも大変お喜びいただきました。


便利になったエコキュートをお使いいただき、光熱費削減してください。



当店にエコキュート取付工事をご依頼いただきありがとうございました。
まとばでんき  電話 0595(65)1133
          メール act15@nava21.ne.jp




名張市でパナソニック エコキュート 460Lの取り付け工事をさせていただきました。

2011年エコキュート幸先の良いスタートです。ありがとうございます。

「今までお使いの電気温水器の調子が良くないからエコキュートで見積を…」
と年明けにお電話をいただきました。

電気温水器は台所付近に設置されていましたが、エコキュートは浴室近くに移動して設置させていただきました。


それではビフォーアフターをどうぞ。



こちらが電気温水器です。
M様邸 電温



まず、電気温水器を撤去しお湯の配管をエコキュートと接続する為の配管は床下を引っ張ります。
M様邸 風呂配管



新しいお湯の配管と既存配管との接続部は保温材をしっかり巻いて処理します。
M様邸 湯配管保温



今までお風呂のお湯張りは蛇口をひねって落とし込みされていましたが、エコキュートになるとリモコンのボタン1つで自動お湯張りしてくれます。風呂配管の穴を浴槽にあけていきます。
M様邸 風呂アダプター M様邸 風呂アダプター2



風呂接続アダプターを取り付けます。ここからお湯が出てきます。
M様邸 風呂接続アダプター3



リモコンを取り付けます。
M様邸 風呂リモコン



湯配管、風呂配管、リモコンコードはスリムダクトにおさめます。
M様邸 ダクト M様邸 ダクト完成



一緒に浴室のシャワー水栓(INAX製)も取替えさせていただきました。
M様邸 混合水栓



台所にもリモコンを取り付けます。これで浴室までお湯を入れに行かなくても台所のリモコンでお湯張りできて楽になりました。
リモコンからエコキュート本体まで配線は天井裏を引っ張ったのですが、大きい梁だらけで隙間が狭く一苦労しましたがなんとかスリムな私は通り抜けできました(笑)。

M様邸 台所リモコン



エコキュート本体を設置し接続していきます。給水管は本体前に埋設してあったのでそこから分岐させました。
M様邸 エコ



試運転をして完成です。
M様邸 完成 M様邸 完成2



エコキュートにかわりランニングコストやEライフプランになり電気代も安くなりますね。
電気代がそこそこかかっているみたいだったのでこれから節約されることでしょう。


当店にエコキュート取付工事をご依頼いただきありがとうございました。
まとばでんき  電話 0595(65)1133
          メール act15@nava21.ne.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。